JKFM Chaplain Site
菅野師よりのお証しとお願い菅野師のミニストリー紹介
メッセージ支援者の皆様へホーム



ジャパン・コリア・フレンドシップ・ミッション・チャプレン
菅野直基牧師 [かんのなおき牧師]
Rev. David Naoki Kanno


私は、この働きのチャプレンの菅野です。妻は韓国籍です。ですから、まず私は家庭の中でジャパン・コリア・フレンドシップ・ミッションのチャプレンをしていると言っても過言ではありません。しかし、結婚後4年になりますが、今日に至るまでには、私たち夫婦はとても大きな試練を通 過しました。お互い本当に大きな傷を負いました。しかし、今は、それらすべてを笑えるだけでなく、我が家の家宝となりました。さらに結婚後2年半に子供が与えられ、とても大きな喜びも経験しました。私たちは、とても一言では言えない程の多くの、喜怒哀楽を味わってきました。そして主のあわれみによって、今は最高のカップルにして下さいました。それは私が、この近くて遠い国であり一見似ているが、中味はまるで違う両国の橋渡しとして用いて下さるために、主は私を日韓の葛藤とすれ違いの中を通 して、訓練をして造り変えて下さいました。ですから、主の導かれるままに、この働きに献身してゆきます。もし、みなさんの中で、日韓のことで問題を持つカップル、教会、人間関係等でお悩みの方がありましたらkanno_n@fna.freeserve.ne.jpのアドレスまでメールを送って下さい。私はまずその方のために祈り、そしてアドヴァイスさせていただきます。しかし、絶対絶望の状況以外は、まず、相手を知る努力をして下さい。多くの場合、お互い相手の文化や言語に対して優劣をつけたがるのです。そして、自分の立場からだけ相手を見ようとするので、理解できず、見下げるようになり、問題へと発展してゆくのです。しかし相手の立場に身を置いて、相手のわらじをはいて歩いてみることです。そして関心を持って、相手を知ろうとするなら、相手の行動が以前は理解できなかったり、拒絶していた相手に、共感が生まれ、愛するほか無くなってゆきます。必ず愛の対象へと変わります。その時、日韓は最高の仲の良いパートナーとなり、

1.お互いが助け合うようになります。
2.その助け合いは、庶民レベルから国家レベルとなって行き
3.教会を中心に、この日韓両国は力を合わせて世界宣教するようになります。

まずはお互いの国である日本と韓国、そして近い所では、北朝鮮や中国に福音を伝えましょう。そして全世界に福音を伝える両国としていただけるように祈りましょう。

 みなさん、ぜひ、このジャパン・コリア・フレンドシップ・ミッションの働きに関心を持って下さり、祈って下さり、積極的に参加して下さいますようにお願いします。

 私は現在、新宿福興教会を開拓しています。私の生い立ち、プロフィール、VISION、現在のその他の働きにも目を通 して下さり、祈りと献金で支えて下さいますようにお願いします。
 また、各種集会、特別集会において奉仕します。説教者、ワーシップリーダー、ピアノ、ギターリスト等、必要に応じてうかがいます。

コンタクト03-3371-9931
教会ホームページ http://www.geocities.jp/sgr_ch/
JKFM教会紹介ページ http://www.jesuscom.net/jkfm/jchurch_j/jchurch_05.htm

菅野師よりのお証しとお願い菅野師のミニストリー紹介
メッセージ支援者の皆様へホーム

メインビューへ 

(c)2001-2003 JC (JAPAN). All Rights Reserved.Comments and Suggestions: jecogr@tkc.att.ne.jp